結婚相談所のおすすめポイント

まず、結論から申しましょう。今現在、あなたと彼が遠距離恋愛をしているとして、すでに結婚の具体的な話が出ていないのだとしたら、いつまでも結婚相談所をつづけていてはいけません。

「ちょっと待ってくれ」と男の人は言うかもしれませんが、結婚してくれそうもないなら、違う男を探す努力をしましょう。少し前になりますけど、NTTやJRのコマーシャルで人気のあるものといえば、「遠距離恋愛」をテーマにしたものでした。恋人が、かかってくる電話をけなげに待つている場面や、プラットホームで抱き合う2人などばかりでした。

そういうコマーシヤルを見て、「私たちだって、結婚相談所でも、大丈夫だよね?」と愛を語り合ったカツプルもたくさんいたのでしょう。しかし、結婚相談所恋愛は、とても不利なのです。心理学の世界には、「婚約中のカップルが結婚する確率は、2人の距離が遠くなるほど、減少していく」という有名なポサードの法則というものがあります。

やさしく言い換えると、「結婚相談所ほど、うまくいかない」ということです。かつての厚生省の調査でも、お互いの距離が離れるほど、結婚もうまくいかないことを示すものがあります。厚生省では、結婚前のお互いのそれぞれの住所を調べてみました。

すると、大都市では、80・1%が同じ区町村に住んでいて、90・3%が同じ市郡に住んでいることがわかりました。町村部では、判・2%が同じ区町村で、日・1%が同じ市郡で暮らしていました。近くに住んでいる人同士が結婚していることが、やっぱり、この数字からも明らかです。

だいたい、男は、本気で好きな女性には、転勤前に結婚してくれ、と頼みます。あなたのことを一人で置いておくのが心配ですし、会いたくてしかたなくなるので、結婚を希望するのです。本気の男は、「オレが転勤から戻るまで、3年、待っててくれ」なんでいいません。ムリにでも連れきろうとするくらい、強引に結婚を迫るはずなのです。

本気の男は、結婚相談所をしているのが、もどかしいので、できるだけ早くプロポーズしたいと思っています。もし、あなたが半年も一年も遠距離をしているのだとしたら、彼のあなたへの本気度は、たいしたことがありません。

物理的な距離が離れれば、自然に、心の距離も離れます。いくら電話をかけようが、メールでやりとりしようが、そんなもので、心の距離は取り戻せません。やはり現実に目の前に相手がいないのであれば、いくら努力してもムダなのです。

近くに住んでいる相手なら、会いたいときに会いにいけます。もちろん、会いにいかなくともかまわないのですが、「いつでも会おうと思えば会える」ということが、精神の安定性を高めるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です