地球上には どれだけの水があるか?

水の97%が海水、2.5%が陸水

地球上に存在する水の分布を大別すると海水と陸水に分けられます。そのほか大気中、つまり空気の中にも少量の水が存在します。

 その中で、海水は地球上の水の総量の97%を占めているといわれています。残りの2・5%が陸や空気中に分布しているわけですが、その割合は微々たるもので、地球上の水イコール海水と考えていいでしょう。

 地球上に存在する水の量についての計算値はいくつか示されていますが、学者による違いはあるものの大きな違いはありません。それによりますと、地球上には13億〜14億立方キロメートルの水が存在するといわれています。しかし、このうち人間が利用できる水はほんのわずかで、一説によると260万立方キロメートル以下とされています。これは人間が利用できる水は特殊なものを除くと、淡水だけですから、このような低い数値になってしまうわけです。しかし、河川水や一部の地下水は雨水によるもので循環速度が速く、水資源としての価値は高いといえます。つまり、利用できる水の絶対量も重要ですが、利用効率が高いことのほうがより重要だということです。

 ところで私たちの生活環境では、たくさんの水を必要とします。たとえば食事をする、洗濯をする、入浴する、草花や庭に水を撒く、水泳をする…と数え上げたらきりがありません。また、この水は塩分がほとんど含まれていない、きれいな淡水です。さらに、人間の体内に摂取される食事や飲料水は、病原菌や毒物を含まないペーハー値が中性に近い無色透明で、おいしい水でなければなりません。こうしたことから、最近の飲料水は、飲んでおいしく。健康によい″をうたい文句にしているのです。純度の高い水、つまりまじりけのない水ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です